携帯代が払えない人はローンや融資と上手に付き合おう!

携帯は手放せない、だからキャッシングローンを利用しよう!

 

今や携帯電話(スマホ)は必需品です。仕事をしている人だけでなく、専業主婦や学生さん、更には子供まで。一人1台と言わず、通話はガラケーで情報はスマホでなどといった使い分けや仕事とプライベートといった使い分けで一人で2台、3台と上手に活用している人も多くいます。
実際、子持ちの筆者も学校の連絡網は携帯メールで行われ、学校行事や登下校のお知らせなどが一斉メールでくるので、もう今の生活になくてはならないものになっています。携帯を不携帯してしまったら、なんだかドキドキするのは私だけではないはずです。
さて、そんな携帯。多くの人が毎月の使用料を口座引き落としで利用していると思いますが、万が一、口座に携帯電話代を支払えるほどのお金がなかったら、あなたならどうしますか?私なら迷わず!小口融資のキャッシングローンを利用します。5千円1万円単位で借り入れが可能なので、お給料が入ってくるまでの一時的な借り入れにとっても便利です。また、借り入れの方法や返済方法だって、指定の銀行口座を使ったり専用の機械でできるので、自分のライフスタイルに合わせて利用できるのも大きな特徴の一つです。携帯電話の支払いでお困りの方はぜひ一度キャッシングを!

 

カードローンの選び方はいろいろあります 詳細

キャッシングは用途不問です。

住宅ローンだのマイカーローンだのって、大口のローンには名前が付いていますよね。要するにその用途のみに使えて、その用途のために融資されるものです。ではキャッシングはどうなのでしょうか。
キャッシングにはある特定の用途は限定されていません。つまり、用途不問。使う人次第で良いのです。だから特別申告する必要もありません。ある人は携帯電話代といった生活費に、またある人は結婚資金に、またある人は旅行費用にと自分の用途でOKなんです。そんな柔軟な対応も、実はキャッシングがこれほどまでに普及してきた理由の一つだと筆者は考えます。
ある人は海外旅行中、運悪く現金の盗難に遭いました。そこで、お守り代わりにお財布と分けて持っていたキャッシングのカードで現地のATMを使って現金を引き出し、楽しい旅行を終えることができたそうです。その場で現金が必要な時に使うのも良いですが、このように万が一の時に備えるというのも、賢いキャッシングの使い方ですよね。キャッシングの使い方は十人十色。でも皆さん、本当に賢く使ってしっかり返済して、何倍ものハッピーを手にしているようです。これぞ、平成のこのご時世の、本当に意味あるお金の使い方と言えると思いませんか。

借りるのも返すのもスマホでできます

携帯電話の使用料金を払うためにキャッシングローンを利用するにしても、そのお金を借りる際もその(紛らわしい)携帯で申し込みとなります。そして返済するのも”その”携帯で。とまあなんだかどっちがどっちか分からなくなりそうですが、要するにインターネットを利用して借りるのも返すのもできてしまうので、やっぱりキャッシングローンはとっても便利なものだと言えます。
ここでキャッシングビギナーにとっての素朴な疑問としては「身元を証明するにはどうしたらいいの?」ということ。身分証明書を確認する人がいない状態で審査ができるはずもなく、かといってテレビ電話?イエイエ、じつは身分証明書もインターネットで確認できるんです。方法は、携帯やデジタルカメラで身分証明書の写真を撮り、データとして送付すればOK。これで申し込みに必要な手続きと書類の提出は完了です。
ただし、現在複数の会社から借り入れがある人や、高額の借り入れを希望する人などは、源泉徴収票、確定申告書、収入関係の書類を求められる場合もあります。身分証明としては、運転免許証が一般的ですが、その他パスポート、健康保険証などが挙げられますが、会社によって証明書として使えるものが異なりますので予め確認して準備する必要があります。

 

カードローンの選び方はいろいろあります 詳細

自己責任完結型ローン

お金を借りるというただそれだけの事実を見てみれば、おそらく多くの人が「お金にルーズだ」「自分の収入以内で生計を立てられない」といったネガティブなイメージを持つでしょう。今この記事を書いている筆者も、このキャッシングを知るまでは同じようなネガティブな感覚しか持っていませんでした。
ただ実は、現代のキャッシングは、今までの金貸しとは一味違っています。その代表的な理由が「保証人が不要」という点です。自身の身分を証明すれば、お金を借りることができます。他人に自分の借金を背負わせる危険性がないため、このシステムは、ある意味社会的責任が自己責任のみで完結するといえます。保証人不要ですので他人に知られる可能性もないため、この小口融資のシステムは更に私たちの生活の中に定着しやすいものとなっていて、これらの理由から、このように広く一般的なお金の使い方になったといえます。
使い方を見てみると、ほとんど自分の銀行口座からキャッシュカードで引き落とすような感覚というのも理解できます。もし少額の現金が準備できず、大切な携帯電話を手放さなければならなくなったら、それこそ、人生の可能性を手放したも同然、とは言いすぎでしょうか。

お金があれば・・・

携帯電話代をキャッシングで支払う他にも、毎日の生活の中、ひいては人生の中で「あぁ、今お金があったらな・・・」と思うシチュエーションは誰にでも起こり得るものです。筆者だって、あんな時こんな時、そういえばあの時も・・・、と数え上げたらきりがありません。
と、まあ筆者の愚痴は置いておいて、その時現金が準備できなかったがために人生の大きなチャンスを逃していた過去とはもうおさらばです。なぜなら、平成の現代を生きる私たちにはキャッシングローンという強い味方があるじゃないですか!
便利なキャッシングで人生のチャンスをつかんで、後はゆっくりきっちり返済をしてしまえば、人生のチャンスをみすみす指をくわえて見逃す必要はありません。だから、現代では「あぁお金があればな・・・」はナシです。もちろん、この人生のチャンスは、借りて完済するまでは成功とは呼べません。あくまでも、きちんと借りたものを返してこそ、お金を上手に使える社会人であり大人ですので、この「完済」は必須となりますが。もしあなたがこれまで人生のチャンスを「お金がない」というだけで逃していたら、もう終わりにしましょう。キャッシングで、人生のチャンスをつかもう!

 

携帯電話がない世界

現代の若者に「もしも携帯電話がなくなったら」と質問をしてもなかなか実感が湧きにくいだろうと思いますが、筆者を含めアラフォー以上の方々であれば、まだ携帯電話が普及する前のよく覚えておいでではないでしょうか。
待ち合わせをしてどちらかが遅れたりしてもなかなか連絡がつかなかったり、デパートで家族とはぐれてしまったら、”良いお年”の大人同士でも呼び出してもらうしか手がありませんでした。家族が傘を持たずに外出をして気を利かせた他の家族が駅までお迎えに行ってもすれ違うこともしばしば。そうです、まるで『サザエさん』のような世界です。海外にでも行こうものなら、インタネットもないので、無事を確認するには国際電話で連絡を待つ他ありませんでした。今では考えられませんよね。
一度便利な携帯電話を持ってしまうと、今度は不便さへは戻りにくくなります。だからこそ、携帯代はずべからく支払う、お金がないときは、すべからくキャッシングで(笑)とまあここで、先日筆者の子供たちが駅にある伝言板を見て驚いていたことを思い出しました。便利な携帯電話は手放せないけど、伝言板はそれはそれでなかなか味のある意思伝達方法で筆者は好きなのですが、何か?

参照リンク

消費者金融一覧・・・今すぐ借りるスピードなら消費者金融で借りるのがおすすめです!